保護テープ掲載商品 各メーカー使用概要について

FacobookTwitter
包装用テープ 工業用テープ 安全関連テープ 梱包・包装用品 養生用品 作業用品 アイデア商品 オリジナル印刷テープ
保護テープ掲載商品 各メーカー使用概要について

保護テープ掲載商品 各メーカー使用概要についてカテゴリトップへ

日東電工製品◆ 日東電工製品 ◆ サンエー化研製品◆ サンエー化研製品 ◆

表面保護フィルムテープは ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリオレフィン(PO)、ポリエステル(PET)などの
フィルム系基材にゴム系・アクリル系などの粘着剤をベースとして、各社メーカー製品は独自の高分子合成技術・
コーティング技術を加えることで多くの製品の保護テープとして使用されております。
アルミ・ステンレス・意匠性金属板などの金属板・住宅各部材・自動車・電子光学の方面まで幅広い業種で
傷(キズ)防止に使用されてます。

掲載しております商品は、メーカー日東電工(株)・サンエー化研製品です。
メーカーカタログより抜粋したSPECを掲載します。ご使用の用途に合わせてご検討下さい。
当店で掲載しております商品をベースにスペックのご紹介を致しております。

日東電工 SPV®202 / SPV®M-6030 / 363LB 他カテゴリトップへ

日東電工 SPVR202 / SPVRM-6030 / 363LB 他

下記掲載 製造メーカー:日東電工 製品品番は、住宅・建材関連カタログより抜粋 その他未掲載品番は多種御座います。
未掲載商品は別途ご照会下さい。

品番 厚さ 粘着力
(N/20mm)
引張り強さ
(N/20mm)
伸び
(%)
耐候性
S-W-M(h)
白/黒 他
基材 粘着剤 用途 web
販売
202R 0.12 3.00 60 200 25/250 ポリ塩化ビニル 天然ゴム系
粘着剤
ステン・アルミ
M-6030 0.06 2.50 30 300 150 PE系フィルム アクリル系
粘着剤
ステン・アルミ
363LB 0.07 1.80 30 350 150 ステン・アルミ
A-6050 0.065 2.75 30 250 500 アルミサッシ用
SPV-224R 0.08 1.00 50 200 700 ポリ塩ビ
フィルム
- ガラス(建築現場)
C-600 0.09 2.50 30 220 - ポリエチレン系フィルム アクリル系
粘着剤
主にプレコート鋼板

*ポリエチレン(polyethylene)略称PE *M-6030EC適用 *被着体:ステンレスBA板・アクリル板
*試験方法 公称厚さ・JIS Z-0237に準ずる *数値は一例保証値ではない
*商品は一部を参考掲載しております。 WEB販売 ×印は別途ご紹介お願い致します。

サンエー化研 サニテクト® S206BF / WS36シリーズカテゴリトップへ

サンエー化研 サニテクト® S206BF / WS36シリーズ

下記、製品品番は当店WEBページ掲載商品概要です。製造元メーカー商品は多品種御座います。
未掲載商品は別途ご照会お願いいたします。

品番 厚さ 粘着力
N/25mm)
引張り強さ
(N/10mm)
伸び
(%)
耐候性
S-W-M(h)
基材 粘着剤 用途 web
販売
S206BF 0.06 3.00 1.0 400 - ポリエチレン アクリル系粘着剤 ステン・アルミ材
WS36 0.06 2.50 - 300 - ポリエチレン 上記同上+化粧板
塗装鋼板

*被着体:ステンレスBA板・アクリル板*試験方法 公称厚さ・JIS Z-1702に準ずる
*数値は一例保証値ではない
*未記載部分資料不足

表面保護テープ ご使用上ご注意カテゴリトップへ

  • 直射日光を避けた冷暗所に保管してください。
  • 経日変化により、フィルム及び粘着剤が劣化いたします。納入後6ヶ月以内にご使用ください。
  • 使用実績のない用途、長期間の貼り合わせ、また屋外での使用は、剥離困難、糊残りの原因となります。
  • 表面保護フィルムは、弱粘着加工品の性質上、被着体、使用条件等の若干の変動により接着力が
    大きく変化いたします。
    出来るだけ同一条件下でのご使用をお願いいたします。
  • 表面保護フィルムは可燃物です。火気のある所には近づけないで下さい。
  • 粘着面には、直接肌が触れない様にして下さい。また触れた部分には、水、石鹸にて洗浄してください。
  • 使用後の表面保護フィルムは、法令及び条例に基づいて処分してください。
    また焼却する際には、安全な設備にて完全燃焼される様注意してください。
  • 加工油を使用した被着体は、フィルム貼り合わせ以前に十分脱脂処理を行って下さい。
    不十分な場合は、被着体汚染またはのり残りの原因となります。
  • 厳しい加工条件の場合には、あらかじめテストを実施し、十分検討の上ご使用ください。


自社配送について

PAGE TOP