表面保護フィルムテープの使用上に求められる機能選定についてご説明

FacobookTwitter
包装用テープ 工業用テープ 安全関連テープ 梱包・包装用品 養生用品 作業用品 アイデア商品 オリジナル印刷テープ
表面保護テープの使用上に求められる機能選定について

表面保護テープ製品選定について ガイドカテゴリトップへ

1.被着体 (接着面) : 金属系/樹脂系等/表面状態(表面 粗度・活性状態)
2.貼りあわせ条件  : 手貼り /機械
3.作業環境  : 屋内 / 屋外
4.加工条件  : 機械加工の方法と条件 / 化学処理加工など方法の条件
5.保存条件  : 屋内 / 屋外 / 保存期間 / 熱・圧力

使用される前に、被着体(接着面)がどの表面保護テープが合うか調べます。
下記枠内に合うものから選択致しまして、商品選定を行います。
被着体・場所・手張りor機械貼り・保管状況・接着期間等が選定項目にあります。
ご不明な点は、ご相談下さい。
上記 コンタクトから入力フォームが御座います。

【ご注意】
当WEBページ掲載内容については商品説明・概要はメーカーカタログより抜粋した内容です。
製品接着内容含め技術的な内容など
直接製造メーカーへお問い合わせをお願い致します。
メーカー技術受付WEBサイトも御座います。

■張り合わせについて
・手作業 空気やシワにならないよう張り(テンション)力を加えならが貼り合わせがPOINT
・塗装加工部材など、シワ・空気などが原因で糊残りの原因となります。

■加工機能 ・製品出荷の一時保護
・絞り
・切断/シャーリング
・打ち抜き/パンチング
・曲げ加工/ベンダー
・ロールフォーミング
・レーザー加工
・プレス塗装他 各薬品にフィルム・粘着材が侵されない条件 表面傷(キズ)防止に
・雨・埃・紫外線から保護
■保存機能 保護フィルム貼り合わせ加工後、剥がすまでの作業後の保管条件(場所・期間・温度・荷重)により粘着力は変化します。
商品選定の場合には、接着後の条件を充分考慮する必要があります。

・屋内 空調環境有・無
・屋外 

■商品選定基準には下記 作業選択を製造メーカーでは、ご確認させて戴いたおります。

下記、被着体条件を選定して 貼り合わせ状況、加工作業内容、保存条件、接着後剥(はく)離作業内容を製品切り替えや、新規部材をフィルム保護内容を詳しく、選定をお願いします。
各社製造メーカー商品を総代理店経由にて、照会見積対応させて下さい。
▲被着体(接着面)ついて
■金属系
・アルミ
・ステンレス
・表面金属加工
・表面塗装処理

■樹脂系
・プラスチック
・ABS
・ポリカネート等
・特殊化学樹脂関連
・ゴム

■表面状態 ・フラット面 / エンボス(凹凸)面


自社配送について

PAGE TOP